私の奥様は南部のベトナム女性。通訳として日本にやってきてそのまま私と結婚してしまいました。気の強さは誰にも負けず、異国の地で元気に頑張っています。現在技能実習生を受け入れる監理団体で活躍中。

協同組合をやらないか?と言われ、なぜか組合員事業が外国人技能実習生の受け入れでした。 実習生たちの通訳として来日したベトナム人女性と結婚し、ベトナム人技能実習生たちとの 交流を描いているブログです。技能実習制度に関わる者の本音が書いてあります。
「ここまで言って大丈夫なの?」 と言われておりますが、本音で書かないとおもしろくないですからね。よろしかったら読んでください。
※これは個人の意見であり、組合を代表する意見ではございません。

こういう嘘がまかり通る

2015.6.07
カテゴリー:経済のこと

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

少しでも会計や簿記をかじった人間ならば、この表現は違和感を感じるはずだ。

今年の5月8日の日経新聞のあるタイトルだ。

国の借金 3月末は1053兆円 国民1人あたり830万円

国の借金ってなんだ。あたかも国民が借金しているような感じを受けるが、正式には

日本政府の国債発行残高である。政府の借金であって、国の借金ではない。逆に

国債を買っているのは銀行などの金融機関であるから、国民は債権者であって債務者では

ない。なんでこんな無知な表現をマスコミがするのだろうか。こういう表現をし、危機を

煽って、消費税を上げることやむなしと世論誘導を行っているのが、今のマスコミでは

ないのか。

経済新聞として恥ずかしくないのだろうか、間違いなくこの記事を書いた記者は会計の知識は

ない。所詮新聞なんてこんな程度である。

私の仕事である外国人技能実習生受け入れ事業も同様、嘘と誤解が満ちている。

それもすべてマスコミが作り上げたもの。どうか新聞やテレビの情報を自分で検証することを

忘れないでほしい。嘘も言い続けていれば、本当になってしまう。中国や韓国の反日教育が

良い例ではないか。

調べてみたらわかる。最近本当にマスコミの嘘が目につく。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

Follow me!