私の奥様は南部のベトナム女性。通訳として日本にやってきてそのまま私と結婚してしまいました。気の強さは誰にも負けず、異国の地で元気に頑張っています。現在技能実習生を受け入れる監理団体で活躍中。

協同組合をやらないか?と言われ、なぜか組合員事業が外国人技能実習生の受け入れでした。 実習生たちの通訳として来日したベトナム人女性と結婚し、ベトナム人技能実習生たちとの 交流を描いているブログです。技能実習制度に関わる者の本音が書いてあります。
「ここまで言って大丈夫なの?」 と言われておりますが、本音で書かないとおもしろくないですからね。よろしかったら読んでください。
※これは個人の意見であり、組合を代表する意見ではございません。

転職自由は大変です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

3月に入り、立て続けにベトナム人通訳たちが辞めます。
決して、私がパワハラしたとかいじめたとか、そういう理由ではありません。
どうして定着しないのか、単純に私が求めている通訳のレベルが高い、それだけです。

ベトナム人は真面目で一生懸命仕事をすると、よく言われております。
果たしてどうなのか、私は部分的にはそうだと思いますが、別な面から見れば違うと思います。
日本人の若者と大して変わりません。ベトナム人技能実習生が一生懸命頑張るのは
ただ単に期間限定の仕事だからです。もし、特定技能で転職自由ならば、今私がやられている
通訳の転職とほぼ同じ事になると思います。

特定技能は5年だから、という話から、どこの会社も外国人が5年いると思い込んでいるところが
そもそも間違いです。転職自由ははっきり言って、10円でも時給が高ければ、転職していきます。
その辺は本当にドライです。日本人のように情けはありません。

混乱が目に見えています。日系人と同じであるか、それよりももっとひどいかもしれない。
ちなみにベトナムでの転職は当たり前で、同じ会社に2年も3年もいるような人が珍しいのです。
テト前にボーナスをもらって、テト明けから来ないというケースもたくさんあります。
もともとベトナム人は移り気が激しいのです。

また新しい通訳を入れていきますが、これからはもう少し選ぶことにします。
それからあまり高望みせず、またこれからの日本での生活を考えて、日本人の価値観や仕事のやり方
礼儀などは伝えてもよくわからないようだから、ほどほどにしようと思います。
少なくとも日本人に違和感を与えないようなレベルぐらいでいこうと思います。

私たちの思いは伝わらないと思って下さい。
それでも一部で伝わる人もいますから、あきらめないで下さい。

私の妻が一言「将来を考えて、今を生きるベトナム人なんて、ほとんどいないよ」
そう、ですから最近つくづく思うのは

「今だけ 自分だけ お金だけ」

近視眼的なモノの見方しかできないと思います。
そうじゃないんだよと言っても、今はわからないんだろうな。
壁にあたらないと・・・。

Follow me!