私の奥様は南部のベトナム女性。通訳として日本にやってきてそのまま私と結婚してしまいました。気の強さは誰にも負けず、異国の地で元気に頑張っています。現在技能実習生を受け入れる監理団体で活躍中。

協同組合をやらないか?と言われ、なぜか組合員事業が外国人技能実習生の受け入れでした。 実習生たちの通訳として来日したベトナム人女性と結婚し、ベトナム人技能実習生たちとの 交流を描いているブログです。技能実習制度に関わる者の本音が書いてあります。
「ここまで言って大丈夫なの?」 と言われておりますが、本音で書かないとおもしろくないですからね。よろしかったら読んでください。
※これは個人の意見であり、組合を代表する意見ではございません。

ブログ
- 組合の話

  • 今年は何回ベトナムに来たかな

    2018.12.16

    気がつけばもう師走。12月も中旬なんですね。年の瀬なんて感覚はまるでありません。 それもそのはず、寒い日本と暖かいホーチミン、ついでに日本の秋と思えるハノイと いったり来たりしているので、季節感が全く…

    続きを読む »
  • 監理団体はブラック企業なのか

    2018.10.09

    最近、他の監理団体の情報が少しずつですが入ってくるようになりました。 実習生の受入人数によって、だいたいの職員数がわかりますが、どこの監理団体も少ない人数で 監理しているようで、その分一人一人の仕事の…

    続きを読む »
  • 家庭訪問の話

    2018.8.26

    当組合において、面接合格者の家庭訪問は重要視しております。 合格者の出身地によっては、訪問できないところもありますが、その場合はスカイプなどの ネット電話を通して、なるべく会ってもらうようにします。も…

    続きを読む »